ARMA3のアルファ版の予約販売がはじまりました

以下の情報はALPHA版の情報です。BETA版の情報ではありません。
Bohemia Interactive ストアページにARMA 3 ALPHA カウントダウンページが現れました。
ARMA3オフィシャルサイトで予告した通り3つのエディションが存在ます。
特に変更はない内容となっています。


ARMA3 アルファ版は2013年3月5日22時(日本時間)リリース


ARMA3のアルファ版がまもなくリリースです。発売日と価格が公開されました。

見る限りALPHA版で十分な気がしますが、
寄付を考えている人は、
ぜひSUPPORTER EDITIONを選んで、
その功績をエンドロールに残してみてはいかがでしょうか。
無料のALPHA LITE版は招待のみの参加になります。
また、スチームクライアントはどのエディションも必須である。





facebookみてると面白い質問が飛び交っていたので、ちょっとメモ書き。
マルチプレイって何人できるの?何人でもできるよ。
しかし、元からついてるマルチシナリオは2人かもしれないし8人かもしれない。開けてみないとわからない。
シナリオエディタで適当にCOOPシナリオを作るのであれば、4人でも64人でも100人以上でもできる。味方と敵を出して、ただ戦うぐらいであれば3分以内でミッション作れるレベル。なお、スクリプト言語を使って高度なものも作れる。俺のフレンドに中学生の女の子がいて、エディタでがしがしミッション作ってたから安心してくれ、君にもできるはず。

車両とか武装すくなくないですか?これからオフィシャルで増えていくから安心してOK!オフィシャルサイトとオフィシャルコミュニティをチェックすべし。
追加情報として、A.C.E.3ってMODがリリースされれば、武器は30~50種類以上になると思う。車両も増える。その他にもたくさんMODがでる予定なので期待してOK!
ARAM2のときは6千円は高いなって思ったけど、今になって数万だせるレベルのゲームだったなと思う。 (人にもよるけどネ)
とにかくMODの数や拡張性、自由度は感動ものです。シナリオやミッションが多いのも特徴の一つです。

あえて不安要素を述べるなら今回の作品は近未来傾向があるので、今後(MODも含めて)どういった方向性に流れるかが怖い。ただ、それ以外は個人的に満足している。リアル志向の現代戦MODや第二次世界大戦MODはリリース予定なので安心。もう明日発売しないかなorz

で非売品のALPHA LITE版ってなんですか。
いろんな制限がついたお試し版みたいなのかな。
詳細な情報は調べていませんが、いろいろ制限があります。
シナリオエディタは選べないものがたくさんあるみたいです。
MODは読み込めません(夢がありません)
もしかすると、ユニットや武装、車両のテクスチャーがお試し用の低解像度ボケボケテクスチャーかもしれません。(ARMA2のDLCでもLite版はこれを採用していた)
結論を言うと準体験版って思って頂いていいと思います。
あと、マルチプレイはできませんのでご注意ください。

お金払って手に入れた人へ
言い忘れてましたが、DLC以外は追加料金ありません。
勝手に武器が増えていきますし、制限もありません。

ネットゲームみたいな課金要素は一切ありません。
レベル要素や経験値の要素もありません。
いきなり、使えるようになります。

もし、そういう要素がほしいのであれば、スクリプト言語で経験値システムを実装すればいけます。現状、バンキングシステムというのがあって、ゲーム内で活躍するとお金がたまっていくシステムです。ゲーム内でたまったお金を武器に変えていくというものです。あんまり、つかってるミッションはありませんが、使いたい人だけ実装してみてください。



ALPHA LITE ALPHA DIGITAL DELUXE EDITION SUPPORTER EDITION
ALPHA 招待のみ(無料) 約3000円 約4800円 約8600円
コンテンツ
  • 20Kmx20kmのStratis Island
  • 3つの勢力/陣営
  • 8種類の車両
  • 12種類の武器
  • 複数の武器アタッチメント
  • カスタム可能なギアシステム
  • 4種類のシングルシナリオ
  • 制限付きのシナリオアエディタ
  • MODは使用不可
  • シングルプレイのみ
  • 体験版のような位置づけ
  • 20Kmx20kmのStratis Island
  • 3つの勢力/陣営
  • 8種類の車両
  • 12種類の武器
  • 複数の武器アタッチメント
  • カスタム可能なギアシステム
  • 4種類のシングルシナリオ
  • シナリオアエディタ(フル)
  • 2種類のマルチシナリオ
  • MOD作成/使用可能
追加バンドル
  • ALPHA LITEの1招待チケット付
  • ALPHA LITEの3招待チケット付
  • ARMA3 BETA
  • ARMA3 フル版
  • ALPHA LITEの3招待チケット付
  • ARMA3 BETA
  • ARMA3 フル版
  • サウンドトラック
  • ゲームマップPDF
  • タクティカルガイド
  • ARMA: COLD WAR ASSAULT
  • ALPHA LITEの3招待チケット付
  • ARMA3 BETA
  • ARMA3 フル版
  • サウンドトラック
  • ゲームマップPDF
  • タクティカルガイド
  • ARMA: COLD WAR ASSAULT
  • ARMA X
  • すべてのARMA3 DLC
  • オフィシャルフォーラムバッチ
  • エンドロールに名前(初回500人分)
リリース 2013年3月14日 - 2013年6月18日 2013年3月5日 - 2013 BETA Q2
STEAMストアとBIストア
2013年3月5日
STEAMとBIストア
2013年3月5日 - 2013年7月15日
BIストア


推奨動作環境
OS
  • Microsoft Windows Vista Service Pack 2
  • Microsoft Windows 7 Service Pack 1
  • 64ビットを強く推奨する
CPU
  • Intel Core i5 2300
  • AMD Phenom II X4 940
  • CPUはそんなにパワーいらない
  • GPUを重視するといいかも
グラフィックカード
  • nVIDIA GeForce GTS 560
  • AMD Radeon HD 7750
  • 例えばnVIDIA GeForce GTX580/680とかオススメ
  • 結局、見える範囲大きくすると重くなる
  • デフォルトだと 1500mと思われる
  • 3000m-5000m がオススメ(戦闘機のるなら強く推奨)
グラフィックカードのメインメモリ
  • 1.0 GB
  • お金に余裕があるなら2.0GB以上おすすめ(高い)
Microsoft DirectX®
  • DirectX 11
  • DirectX 10でも動く
  • 原則、DirectX 9では動かない
メインメモリ
  • 4.0 GB
  • OSが32ビットだと3.5GBぐらいまでしか搭載できない
  • 64ビットOSを強く推奨する
  • メモリはできる限りディアルチャネルで・・・
  • 本当は8.0 GB ぐらいがオススメ(安く増設できる)
ハードディスクドライブの空き容量
  • 25 GBの空き容量
  • MODを入れるなら+10GBぐらい
  • 初版のARMA3は6.9 GBの容量があります。
サウンドカード
  • DirectX 互換のサウンドカード
  • オンボードでも動作しますが、
  • Creative Sound Blaster Zシリーズ
  • Creative Sound Blaster Recon3D シリーズ
  • Creative Sound Blaster X-Fi シリーズなどがオススメ
  • 新規購入なら同時発音数に注意すること(128音)
その他

コメント

このブログの人気の投稿

設定でARMA3のラグを軽減したい

ラグを軽減したい

ESXiのホスト名を変更する