ARMA3のラグを軽減するテクニック

まとめ

WindowsOS向けの設定になります
Arma3のネットワークに関するラグを軽減できます
サーバーおよびクライアントの両方で設定できます

概要

Windowsは、データグラムのサイズに応じて、高速I/Oまたは送信バッファを経由して送信されます。高速I/Oは、メモリをマッピングしてI/Oサブシステムを経由せず、データをコピーしてI/Oサブシステムを経由することを意味します。少量のデータ送信に有利です。

Arma3の既定の設定は、最大パケットサイズを1400バイトで送出するため、1024バイト以上のパケットサイズでも高速I/Oを利用するようにします。

設定内容

1. Windows Registryを下記の様に変更します。[HKLM\System\CurrentControlSet\Services\AFD\Parameters]

2. DWORD (32ビット)値を新規作成します。

3. 名前を FastSendDatagramThreshold にして、値データを1500 (10進数) 以下にします。

4. 最後にWindowsを再起動します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとう!

TWELITEのAppTag OTAを使ってみる

AppTag OTAを使ってみる 無線タグをリモートで設定できます。纏まっているドキュメントがないのでメモ書きです。TWELITEは低消費電力、安価、使いやすい無線マイコンです。センサネットワークの構築がとても楽です。過去に Sun Microsystems の SunSPOTを...