設定でARMA3のラグを軽減したい

 

ラグを軽減できるか

こんなことをしますよ。

  • ARMA3のネットワークに関するラグを軽減してみましょう。
  • WindowsOS向けの設定になります。
  • サーバーとクライアントの両方で設定が可能です。

概要

WindowsOSはデータグラム(UDPパケット)を高速I/Oまたは送信バッファを経由してデータを送信します。高速I/Oは少量のデータを高速に送信する際に有利です。ARMA3の既定のパケットサイズは1400バイトです。WindowsOSの既定設定では1024バイト未満ののパケットのみ高速I/Oを利用します。高速I/Oを利用するように設定してみましょう。

マイクロソフト ドキュメントより

Windows Server Rolesの動作においては、1024バイトが最良のパフォーマンス結果とのことです。ARMA3については データグラムサイズ(UDPパケットサイズ)が 1024バイトを超えるため、レジストリを変更して高速I/Oを利用するように変更します。以前、MS KB Q235257に解説されてましたがページが消えているようです。残念です。

>>
FastSendDatagramThreshold
Value Type: REG_DWORD
Default: 1024
Description: Datagrams smaller than the value of this parameter go through the fast I/O path or are buffered on send. Larger ones are held until the datagram is actually sent. The default value was found by testing to be the best overall value for performance. Fast I/O means copying data and bypassing the I/O subsystem, instead of mapping memory and going through the I/O subsystem. This is advantageous for small amounts of data. Changing this value is not generally recommended.
https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-2003/cc781532(v=ws.10)#fastsenddatagramthreshold
<<


設定するレジストリ

[HKLM\System\CurrentControlSet\Services\AFD\Parameters] を開きます。

  1. レジストリエディターを管理者権限で起動します。
  2. [HKLM\System\CurrentControlSet\Services\AFD\Parameters] を開きます。
  3. DWORD (32ビット)値を新規作成します。
  4. 名前を FastSendDatagramThreshold にして、値データを1500 (10進数) にします。
  5. 最後にWindowsを再起動します。

最後に

元に戻すときは FastSendDatagramThreshold を削除して、WindowsOSを再起動します。


コメント

このブログの人気の投稿

ラグを軽減したい

ESXiのホスト名を変更する